『 わびさび(侘しい、、、寂しい、、、) 』   
作詞/稲妻屋 +キービー&芥子香 乱
作曲/稲妻屋 +キービー


1:
雨降り日曜日の 夕暮れどき
外はまるでモノクロ 水墨画のよう
こんな日に限って 電話無口
メールの返事でさえ ひとつもこない

うすく開けた 窓辺から 見上げれば シトシトと
降る雨の匂いが わびし さびし

2:
「じゃあ、お疲れ!」とプラットホームで 同僚(なかま)を見送り
窓に映る遠い灯かりと 疲れたオレの顔
こんな日に限って 人影まばら
いつもの酔っぱらいも 短い夢の中

そっと目を閉じれば ほら 聞こえるよ あの頃の
活き活きとしたオフィスの声 わびし さびし

サビ:
世の中のオヤジの背中が 色褪せて見えるよ
自分の心の色が ヘコんで見えるよ
さあ今 飛び立つんだ 自分の翼で
古いスーツを脱ぎ捨てるんだ はだかの自分で
前だけみて歩くんだ 自分の力で


FREE DOWNLOAD


 
copyright(C) 2000- inadzumaya keibee all rights reserved
[That's keibee worid]へのお問合せはコチラから
監修/竹口qpqpqp教授
謹製/稲妻屋広告宣伝事務所